代表弁護士 倉橋 芳英

倉橋 芳英Yoshihide KURAHASHI

  • 経歴

    大分市に生まれる
    私立岩田高等学校卒業
    慶應義塾大学法学部法律学科卒業
    神戸大学大学院法学研究科実務法律専攻修了
    司法研修所入所
    弁護士登録
    東京都港区所在の法律事務所に入所大分みんなの法律事務所を開設し代表弁護に就任

  • 所属

    学会
     -日本交通法学会正会員

    大分県弁護士会委員会
     -人権擁護委員会委員
     -子どもの権利委員会委員
     -刑事弁護センター委員
     -法律相談センター委員
     -司法制度調査会委員
     -広報委員会委員
     -業務対策委員会委員
     -高齢者・障がい者の権利に関する特別委員会委員

  • メディア出演

    平成25年1月8日 OBSラジオ 朝感ラジオ「あなたのそばに弁護士」

  • 弁護士として心がけていること

    私には、弁護士として特に心がけていることが3つあります。
    1つ目は、「親切・丁寧・真摯」な対応です。

    私が依頼者であれば、弁護士には、できるだけ「親切・丁寧・真摯」な対応をして欲しいと思います。したがって、私が弁護士として依頼者の方に接するときには、「親切・丁寧・真摯」な対応をするように心がけています。

    たとえば、多くの方にとっては法律事務所を訪れることは初めてのことで緊張や不安を持っておられると思いますので、まずそのような緊張や不安を取り除き、話をしやすい雰囲気を作るように心がけています。

    また、依頼者は法律の専門家ではないのですから、事件の見通しや選択肢などを説明する際には、わかりやすい言葉で丁寧に説明するようにしています。これらのことは、当然のことかもしれませんが、とても大事なことであると思います。

    2つ目は、「丁寧かつ迅速な仕事」です。

    プロフェッショナルである以上、丁寧に仕事をすることは当然のことです。これに加えて、迅速な仕事という点も重要であると思います。弁護士に依頼をしたとはいえ、トラブルが最終的に解決するまでは、依頼者の方の気持ちも休まることはないと思います。
    できる限り早く事件を解決するために、迅速に仕事をすることを心がけています。

    3つ目は、「冷静でありながらも熱く」事件に取り組むということです。

    法律家である以上、常に冷静さを忘れてはいけません。
    しかし、それと同時に「熱さ」を持つことも大事なことだと思います。「この事件を何としても解決したい」という情熱が良い仕事を生む最大のエネルギーになりますし、依頼者との間の信頼関係の礎になります。

    以上の3つが、私が弁護士として特に心がけていることです。

    「今の自分の仕事は果たしてどれくらいお客様のお役に立っているのか、どれほど喜ばれ感謝されているか」ということを、いろいろな角度から絶えず検討し、自問自答してみるということは、どのような仕事をするにしても大事なことであると思います。
    弁護士の仕事も、もちろん例外ではありません。
    依頼者の立場であればどのように弁護士に対応して欲しいかを考え続け、実践し続けていきます。

  • 大分に対する思い

    私は、大分で生まれ、大分で育ちました。故郷である大分には、愛着もありますし、感謝の気持ちを持っています。弁護士として良い仕事をすることで、少しでも恩返しができればと思っています。
    また、大分県弁護士会での活動を通じて、大分の皆様の正当な権利や利益を守っていきたいと思っています。

  • 趣味

    ■本を読むこと
    幼い頃から本を読むことがとても好きです。大きな本屋に行けば、何時間でも過ごせてしまいます。偏りなく色々なジャンルの本を読みます。村上春樹さん、司馬遼太郎さんの小説や遠藤周作さんのエッセイなどは特に好きでよく読みます。最近は、松下幸之助さんや稲森和夫さんといった経営者の方が書かれた本もよく読みます。
    目標は、年間150冊の本を読むことです。

    ■走ること
    毎日、朝と晩に合わせて1時間半くらい走っています。走り始めたきっかけは、健康を維持することだったのですが、毎日走っているうちに、走ること自体が楽しくなってきました。
    目標は、1年以内にフルマラソンに挑戦です!

    ■野球をすること
    小学校から高校まで10年間、野球部で野球をしていました。ポジションは、小学校の頃はセンター、中学・高校は内野手(ショート、サード、セカンド)でした。足が速かったこともあり、打順は1番か2番でした。

    大学卒業以来、しばらく野球をする機会はなかったのですが、大分県弁護士会の入会した際に、弁護士会の野球部ジャガーズに入部させていただき、久しぶりに野球をしています。ジャガーズは、3月から12月までのシーズン中は、毎週1回は練習か試合があります。野球好きの方が多く、とても楽しくプレーさせてもらっています。

    毎年開催される弁護士会の全国大会に九州代表として出場することが目標です!

     

弁護士 小野 貴久

小野 貴久Takahisa ONO

  • 経歴

    大分県大分市出身
    上野丘高等学校
    同志社大学文学部卒業
    同志社大学大学院文学研究科修了
    福岡大学法科大学院修了
    司法研修所入所
    大分県弁護士会登録
    同時に大分みんなの法律事務所に入所

  • 弁護士として心がけていること

    「わかりやすく」を心がけています。
    それは、依頼者、相手方、裁判所全てに通じるものであるためです。

    そのためにも、各事件に対する理解と専門知識、法律知識を深めなければなりません。そのことを常に意識し、精進して参ります。

  • 大分に対する思い

    私は、大分県大分市の出身です。
    高校まで大分で過ごし、その後、京都、福岡、熊本と住む場所が移りました。どの場所もとても良い所でしたが、やはり、気候の面でも、食べものの面でも、大分が一番だと思います。
    大分の地で、知識を深め、経験を積んだ上で、地域に即した紛争解決を目指します。

  • 趣味

    ■スポーツ全般(するのも、観るのも)
    学生時代、サッカー部、陸上競技部(中・長距離)に所属していたため、今でも体を動かすことは大好きです。最近は、マラソン大会に参加したり、フットサルをしたりしています。

    ■狂言(すること・観ること)・歌舞伎(観ること)
    大学時代、大蔵流の狂言を演じるサークルに所属し、卒業後もOB会に所属し、約10年間、狂言を演じてきました。年に10回以上は舞台に立ち、京都の能楽堂や八坂神社、滋賀県の三井寺、彦根城能舞台、九州では、霧島神宮で狂言を演じました。

    ■福岡ソフトバンクホークス
    ホークスのファンクラブに入って10年ほどになります。年に数回は球場に足を運び、熱気の中でホークスの応援をしています。非日常の雰囲気で、お酒を飲みながら、大声で声援を送るとストレスの発散になります。