求める人物像

1 専門性を高めて、他の弁護士にはできないサービスを提供したい方

img_0130
 相談者や依頼者は、特定の分野に精通した専門性の高い弁護士を求めています。
 しかし、特定の分野に精通するためには、その分野の案件を数多く取り扱う経験が必要ですが、それは容易なことではありません。

 当事務所では、計画的なマーケティングを前提に、特定の分野の専門性を高める取り組みを継続的に行っていますので、弁護士個人の専門性を高めることが可能です。

 現在は、交通事故分野を注力分野としていますが、離婚・相続・企業法務・労働分野など、各弁護士が専門性を高めたい分野があれば、各弁護士の希望や志向を踏まえ、それに沿ったマーケティングを事務所全体で協力します。

 

2 顧問先を獲得し、中小企業法務を幅広く扱いたい方

 中小企業の顧問先を増やすことが、事務所の大きな方針の一つです。
 現在、顧問先の数は順調に増えており、中小企業の法務を積極的に取り組みたい弁護士を求めます。

 

3 旺盛なチャレンジ精神と優れた経営感覚を持ち、地方都市において今までにない法律事務所をともに作り上げていける方

 弁護士業界は、今後、厳しい業界であるといわれています。弁護士数の増加や事件数の減少などのデータからも、客観的に、厳しい状況にあることは否めません。したがって、従来どおりの方法では、業界全体が衰退していくのではないかと思います。

 当事務所では、このような厳しい状況に打ち勝つために必要な、積極的なチャレンジ精神と優れた経営感覚を持つ弁護士を求めます。

 私自身、新しいことや、困難ことにチャレンジすること自体が、とてもやりがいを感じ、楽しいことであると思っています。同じような価値観を共有できるメンバーと一緒に働けることを楽しみにしています。