弁護士インタビュー 弁護士 小島 宏之

こちらは、2018年にインタビューした内容です。

 

Q.大分みんなの法律事務所に入る前はどのような仕事をしていましたか。

 前職は、福岡県の医療過誤を専門としている法律事務所にて、医療過誤事件をメインに扱って参りました。ほかにも、私個人として、包括支援センターとのタイアップ業務や飲食業・教育業など様々な業務形態の企業の顧問をさせていただきました。

 取り扱い業務としては、上記のほか、家事、債務整理を含めた一般民事全般を取り扱っていました。

 

 

 

Q.前の職場と今の職場を比較して違うところはありますか。

 前の職場と違う点は、事務所の雰囲気がフレンドリーで事務所全体として業務にあたることができる点と、事務局の方がコ・リーガル(事務局が単なる弁護士のサポーターではなく同列で協働しているという点において、パラ・リーガルという文言よりこちらの方が当事務所の性格を示す言葉として正確だと思います。)として自己研鑽に努められていて、協働体制が非常にとりやすいところです。

 そのため、今までで一番のびのび仕事をさせていただいています。

 

Q.現在の業務内容とやりがいを教えてください。

 現在は、交通事故(被害者側)がメインですが、一般民事、家事(離婚等)、債務整理など、様々な事件を取り扱っています。また、専門分野として、医療機関の法律サポート業務も取り扱っています。

 交通事故や医療過誤においては、医学的な専門知識も必要になりますが、ここが私が一番力を発揮できる場なので、自分の特性を十二分に生かせる場をいただいています。(やはり、自分の特性を生かせるところが一番やりがいを感じるところです。)

 

Q.医療分野の案件を扱われていますが、新人弁護士でも取扱えるようになりますか。

 医療分野は、医学的知識が必須であるため、最初は非常にとっつきにくいと思います。(事実、私も最初は全くわかりませんでした。)

 しかしながら、「習うより慣れろ」で、当たった事件で必要な知識の取得作業を重ねていくうちに、自然と必要な知識の取得方法は身についていきます。(どういう知識が必要になるかという点は、「事件の解決(裁判所・相手方の説得)のためにどういう説明をすればよいか」という観点が重要です。例えば、治療の水準としてはこういうガイドラインがあって、この治療方法はこういう経緯をたどっているから、ガイドラインに違反していない(治療上の過失がない)、などと説明するときには、どういうガイドラインがあるか、最低限従うべきところはどこか(タブーを犯していないか)、などの知識が必要になりますから、その都度調査することになります。)

 医療分野というと、専門知識が必要ということでハードルは高く見えますが、専門知識が必要という点では、どの分野のスペシャリストになるにしても同じことですから、恐れずに踏み込めば取り扱えるようになります。

 当事務所では、新人弁護士の方でも業務に取り組めるように研修制度を設けておりますので、ご安心ください。

 

Q.最後に、これから弁護士を目指す方に一言お願いします。

 弁護士という仕事は、責任も大きく、難しいことも多いですが、「自分にしかできないことがやれる」という意味では非常にやりがいのある仕事です。

 そして、依頼者の実現されるべき権利を実現するためにはどうすればよいかを悩み苦しみながら検討し、行動した結果、望むべき結果を手にし、自分へのプラス評価にフィードバックされ、職域の拡大につながるという点においては、弁護士は自分の努力の結果が非常にわかりやすい形で目に見える職業だと思います。

 皆さんと一緒にお仕事できることを楽しみにしています。